WIPO Reports Record High Number of Cybersquatting Cases in 2016

By: Keelin Hargadon


According to a recent WIPO press release, the number of UDRP (Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy) cases filed in 2016 was higher than any other year.   Successful UDRP proceedings help rightful trademark owners resolve cybersquatting issues.  WIPO cites the release of over 1,200 new generic Top-Level Domains (gTLDs) as a driving cause for the uptick in filings, with .xyz, .top and .club being the most common in dispute.  While new gTLDs have been steadily released over the past several years, 340 new gTLDs became available in 2016, including .games, .shop and .stream.  109 different countries were represented by the involved parties, with the highest number of cases being filed by parties in the U.S.  The breakdown by area of commerce is as follows: Banking and finance (12%), fashion (9%), heavy industry and machinery (9%), internet and IT (8%), biotechnology and pharmaceuticals (7%) and retail (7%).


日本語

最近のWIPOプレスリリースによると、2016年の統一ドメイン名紛争処理方針(UDRP; Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy)の件数は、他の年よりも多かった。UDRP手続の成功は、正当な権利を有する商標権者が、サイバースクワッティングの問題を解決するのに役立つ。WIPOは、1,200の新たなジェネリックトップレベルドメイン(gTLD; generic top-level domain)の発表が、事件増加を推進させた原因として挙げ、紛争においてxyz、.top 及び.clubが最も共通していることを挙げている。新たなgTLDは、過去数年にわたって確実に発表されてきたが、2016年には、.games、.shop 及び.streamを含む340の新たなgTLDが利用可能になった。当事者によって異なる国々が109示されたが、米国の関係者によって起こされた事件が最も多かった。商業分野による内訳は、以下のとおりである。銀行及び金融(12%)、ファッション(9%)、重工業及び機械(9%)、インターネット及びIT(8%)、バイオテクノロジー及び製薬(7%)、小売(7%)


简体中文

根据世界知识产权组织(WIPO)最近的一份报告,2016年所提交的UDRP(统一域名争议解决政策)案件数量高于其它任何一年。成功的UDRP程序可帮助合法的商标所有人解决域名抢注的问题。WIPO公布超过1200个新的通用顶级域名(gTLDs)的发布是造成提交量上升的主要驱动力,其中又以.xyz,.top和.club为最常见的争议。随着过去几年新的gTLDs不断稳定的发布,2016年已有340个新的gTLDs可用,包括.game,.shop和.stream。当事人代表了109个不同的国家,其中以美国当事人提交案件数量最高。这些案件根据商业领域可分为以下部分:银行和金融(12%),服装(9%),重工业和机械(9%),互联网和IT(8%),生物技术和制药(7%)和零售业(7%)。


繁體中文

根據世界知識產權組織(WIPO)最近的一份報告,2016年所提交的UDRP(統一域名爭議解決政策)案件數量高於其它任何一年。成功的UDRP程序可幫助合法的商標所有人解決域名搶註的問題。WIPO公布超過1200個新的通用頂級域名(gTLDs)的發布是造成提交量上升的主要驅動力,其中又以.xyz,.top和.club為最常見的爭議。隨著過去幾年新的gTLDs不斷穩定的發布,2016年已有340個新的gTLDs可用,包括.game,.shop和.stream。當事人代表了109個不同的國家,其中以美國當事人提交案件數量最高。這些案件根據商業領域可分為以下部分:銀行和金融(12%),服裝(9%),重工業和機械(9%),互聯網和IT(8%),生物技術和制藥(7%)和零售業(7%)。